デリバリーステッカーを描いて
2020.06.10

デリバリーステッカーを描いて

コロナ禍の飲食店を応援するためにデリバリーステッカーを制作しました。

今回は、制作していた時の裏側の様子をお見せしたいなと思います。

イラストは全て手描きで着色はアクリルガッシュを使用しました。どのメニューも美味しそうなものばかりで常に食欲との戦いでした。

イラストを描くにあたって写真をよく観察するのですが、その際にいろいろな発見をすることができました。ひとつ挙げるとすれば、食材や調理の仕方によってできる焦げ目や照りの違いです。例えば、パンの焼き目より油揚げの焼き目の方がざらざらしていることや、お好み焼きなどのソースは具の入っているパスタソースよりも艶々とした”たれ”であることなどなど…。それぞれの料理が美味しそうに見えるように、そうした違いを意識しながら着色をしました。

やっぱり何気ないものでも観察することでどんどん新しい発見は生まれるものだなと感じました。この状況が収まったら、描かせていただいたメニューを全制覇!なんてことができたらなと思います。

野々村(Sabeevo)

お問い合わせはこちら