Mr.クライアントの奇妙な依頼

タレも滴るいい煎餅
日常茶飯事
[作品に対するプレゼンテーション]
ベースに黒、質感に和紙を選ぶことでびしょぬれせんべい一枚の贅沢感、特別感を表現しています。 観光客にもという事で外国のお客様にも持ち帰ってお土産としていただけるように”和”を基調としたデザインにしました。人気の北斎風のタレの波を描く事でびしょぬれと和を同時に感じて頂けると思います。 外国人観光客に向けて、手軽に取って頂けるように英語表記を採用しています。 また、日本人にもユーモアのある文句で目を引いて欲しいと思いから「水も滴るいい男」を文字って、「タレも滴るいい煎餅」という言葉を付け足しました。

Mr.クライアントの奇妙な依頼

びしょぬれ
cacao
[作品に対するプレゼンテーション]
びしょぬれせんべいの優しさを表しました。

Mr.クライアントの奇妙な依頼

大人しさも残した映えcolor
olma
[作品に対するプレゼンテーション]
シンプルに、かつ若い子に受けそうにカラフルにしました。 また、オレンジ色をびしょ濡れせんべいのみに使用することでどんな商品かわかりやすくなるかなと思いました。

Mr.クライアントの奇妙な依頼

浅草の小さな手仕事
ほわ太郎
[作品に対するプレゼンテーション]
浅草にある小さな店で長年手作りでやってきた、唯一無二のおせんべい。 というイメージで作成しました。 あまり派手でない懐かしいデザインでありながら、少しポップな感じも含めました。

Mr.クライアントの奇妙な依頼

和モダン
めまお
[作品に対するプレゼンテーション]
 ターゲットが修学旅行生や観光客ということで、若者や外国人のお客さんを増やしつつ、高齢層にも手に取ってもらいたいので、”和”の要素を入れて、かつ、モダンでさわやかな可愛らしいデザインにしました。男性にも手に取ってもらえるよう、シンプルで可愛すぎないことを意識しました。

Mr.クライアントの奇妙な依頼

ドット
tou
[作品に対するプレゼンテーション]
ドット柄の中によく見るとロゴとせんべいの画像があり 全体を黄色と黒にすることで目立つデザインにしました

Mr.クライアントの奇妙な依頼

やすらぎの時間
なあ
[作品に対するプレゼンテーション]
黄色と緑色で癒しカラーを全面的に使い、この煎餅を食べながら お茶でも飲んでゆっくりとした時間を過ごせるイメージで制作しました。

Mr.クライアントの奇妙な依頼

ほっこり休息
なあ
[作品に対するプレゼンテーション]
びしょぬれ=やわらかい おばあちゃん=優しい、あたたかい手 これらをイメージして、やらかくて優しい味をテーマに制作に至りました。 この煎餅を食べて、みんなが、ほっこり癒されるひと時を過ごせるように。という願いが込められています。

Mr.クライアントの奇妙な依頼

ロマンティック
おにぎりのりこ
[作品に対するプレゼンテーション]
ロマンティックに、爽やかに

Mr.クライアントの奇妙な依頼

乙女
おにぎりのりこ
[作品に対するプレゼンテーション]
洋菓子のようなロマンティックで乙女心くすぐるパッケージにおせんべいという意外さをプラス