Mr.クライアントの奇妙な依頼

テスト
テスト
[選択したテーマ]
[作品に対するプレゼンテーション]
テスト

Mr.クライアントの奇妙な依頼

テスト
テスト
[選択したテーマ]
[作品に対するプレゼンテーション]
テスト

Mr.クライアントの奇妙な依頼

テスト
テスト
[選択したテーマ]
[作品に対するプレゼンテーション]
テスト

Mr.クライアントの奇妙な依頼

きてくれて、ありがとう
midoro123
[選択したテーマ]
[作品に対するプレゼンテーション]
警戒しているかもしれない相手を優しくおもてなしでお迎えする。保護された犬も猫も保護したお家もみんな笑顔で楽しく暮らせるように願いをこめ描きました。

Mr.クライアントの奇妙な依頼

補助犬達の日常
Yudy
[選択したテーマ]
[作品に対するプレゼンテーション]
補助犬に少しでも興味を持って貰えるよう、各分野で活躍している様子を描きました。

Mr.クライアントの奇妙な依頼

ぼくたち家族になりたいよ
Lunon
[選択したテーマ]
[作品に対するプレゼンテーション]
犬猫は商売道具や人間のエゴで飼うものではなく 家族として、大事に育ててほしいという思いで作りました。 家族として迎えられ、愛がいっぱいな暮らしを送って 笑顔とハートがいっぱいになるイメージです。

Mr.クライアントの奇妙な依頼

5つの自由を考える」アニマルフェアリボン CATS
Chihiro
[選択したテーマ]
[作品に対するプレゼンテーション]
「アニマルウェルフェア」をポップに推奨する、ドット柄のリボンを制作しました。 ウェルフェア(満たされて生きる状態)を確立するために定められた「5つの自由 1.空腹と渇きからの自由 2.不快からの自由 3.痛みや傷、病気からの自由 4.本来の行動をとれる自由 5.恐怖・抑圧からの自由」から、特に猫に対しての5つのイメージをアイコンにして、猫と共にドットの丸にデザインしています。 このマグネットリボンを見た人が「アニマルウェルフェア」に関心を持つことと同時に、「5つの自由」から他にどのような状態・アイコンイメージが考えるきっかけができたら嬉しいです。

Mr.クライアントの奇妙な依頼

Stop Animal Hoarding
KE
[選択したテーマ]
[作品に対するプレゼンテーション]
この作品は、猫の多頭飼育問題を描いています。これを見る人々に、多頭飼育崩壊の問題に興味を持っていただくきっかけとしてのリボンマグネットです。 多頭飼育=猫が沢山いるというビジュアルは、問題の実態を知らない人々からすると「可愛い」という感想が先行すると思います。 しかし、猫たちはネグレクトされ、飼い主の自宅もボロボロになり、近隣にも被害が発生する多頭飼育崩壊は、想像以上に深刻な問題です。 一人でも多くの人にこのマグネットを通してこの問題を知らせる為のデザインとして、この「第一印象」と「実態」のギャップを表現するというアイデアを考えました。 まず「第一印象」として、ゆるいタッチで沢山の猫たちのイラストレーションを描きました。 次に「実態」として、色の使い方に配慮しました。 マグネットを人々の目に入れてもらう為に、また場所を選ばずマグネットを貼れるように、シンプルで印象的な色合いとしてモノクロという手法を取りました。 加えて、文字の部分に赤の差し色を用いることで緊張感を演出しました。 見る人にイラストレーションとのギャップや違和感を感じさせると共に、「多頭飼育」を意味する「Animal Hoarding」の文字に注目していただけるような仕組みを考慮しました。 沢山の方々に多頭飼育崩壊の問題を周知し、レスキューに奮闘する方々への支援が実現するきっかけのマグネットとなれば大変幸いです。

Mr.クライアントの奇妙な依頼

[選択したテーマ]
[作品に対するプレゼンテーション]

Mr.クライアントの奇妙な依頼

[選択したテーマ]
[作品に対するプレゼンテーション]